blog

愛犬を迎えた飼い主さんの必須アイテムに

首輪やハーネス(胴輪)が挙げられます。

それぞれに利点と欠点があります。

 

 

首輪とハーネスのメリットとデメリットについて

 

<首輪のメリット>

 着用させやすい

  着脱がさせやすいものが多く、鑑札やチャームなどがつけられたり

  デザインもいろいろなものがあり、選ぶ楽しみも多くあります。

 しつけに役立つ

  リードを引くことで、首に不快感をもたせます。

  つまり、しつけの合図を伝えやすく、指示が伝わりやすいです。

 

 

<首輪のデメリット>

  首への負担がかかりやすい点が挙げられます。

  引っ張られると気管支に負担がかかるので老犬や疾患のある犬には注意が必要です。

  また、首の太さと頭の大きさが同じような犬種は引っ張られたり、踏んばったりされたときに

  すぽっと首輪が抜けてしまう場合があるので注意が必要です。

 

<ハーネスのメリット>

 首への負担が少ない

  構造上、首だけに力が加わらず、力が分散するので、

  首への負担が少なくなります。老犬、気管支の弱い犬には負担を軽減することができます。

 

 脱走防止

  首の太さと頭の大きさが同じくらいのわんちゃんの首輪抜け対策に向いています。

 

 

<ハーネスのデメリット>

 引っ張りの助長

  ハーネスは首輪に比べて引っ張られる力が分散され、

  首が苦しくないので、わんちゃんはどんどん引っ張るようになります。

  引っ張り行動はクセで済まさず、首輪でのしつけが必須です。

  「苦しそうだから・・・」ではなく、引っ張ることを直してあげないことの方が

  わんちゃんを苦しめることになるのではないでしょうか。

 

 脱げやすい

  犬種によっては脱げやすい場合があります。

   足の短いわんちゃんではハーネスは脱げやすいです。

   デザインによっては、後ずさりや引っ張りによって脱げてしまうこともあります。

 

 

<まとめ>

しつけを必要とする場合は首輪の方が適しています。

身体に負担をかけられない老犬や首の疾患がある場合、

首や気管支が弱い場合はハーネスが適しているといえます。

引っ張り行動をしつけで改善し、

側帯できていれば、首輪でもハーネスでもどちらも適しているといえます。

 

危機管理の観点からは、両方併用をおすすめします。

 

 

 

 

当店ではオーダーメイドで首輪・ハーネス・リードをお作りしています。

採寸をして、色を選んで、オリジナルの組み合わせにすることができます。

ハンズフリーリード、2頭引きリードなど

用途に合わせたオーダーもできます。

 

首輪、チョーク等はしつけ教育中には必須アイテムです。

ハーネスは老犬や気管支が弱く首に負担をかけられない状態のわんちゃんに。

ハーネスの首への負担軽減は、しつけができていて側帯できる状態でなければ意味がありません。

わんちゃんと飼い主さんの状況に合わせて検討することをおすすめします。

 

また、首輪・ハーネス・リードは消耗品です。

力が加わる、雨風や紫外線にさらされるなど、不意の破損も起こりえます。

購入して使い続けるだけでなく、日頃の点検、買い替えも必須です。

わからない点、ご質問はお気軽にどうぞ。

 

03-5830-6236

営業時間10:30-18:00

木曜定休

 

 

 

先月末から外壁工事のため

足場、シート設置されていましたが

工事終了に伴い、

元の外観に戻りました!

ウッドデッキ、テントも復活です。

お気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

営業時間10:30-18:00

木曜定休

いきなりですが

「パラコード」って知ってますか?

そもそもパラコードとは・・・

パラシュートコードの略称で、

パラシュートに使用されている

ナイロン製のキャノピー(傘)と人を繋ぐロープのことです。

7本の芯線を外側から覆った二重構造になっています。

耐久性が強い上に軽く、水に濡れても乾きやすいという特徴があります。

 

 

どのように使われるもの?

 

 

耐久性、水に濡れても乾きやすいという点で

テントロープとして用いられ、アウトドアシーンで活躍。

他にもスニーカーの紐、車のけん引など

さまざまな用途に使用されています。

当店ではペットのカラー(首輪)、リードに使用しています。

 

 

 

「防災グッズにもなる」とはどういうこと?

 

 

パラコードで作られた製品には共通した特徴があります。

それは「編み上げられている」ということ。

紐の終わりは、溶解させて接着して閉じています。

解けにくい形状ではありますが、いざというときには分解して使用できます。

 

緊急時、災害時などでの使用例をいくつかご紹介します。

荷物をまとめたり、目印に括りつけたり、洗濯ヒモとして使用したり、

靴紐として使ったり、簡易カーテンを吊るすのにも使えます。

燃えやすい素材なので着火剤として使用したり、芯線をほぐしてデンタルフロスにも。

止血帯、骨折時の添え木の固定にも使用できます。

 

 

 

 

パラコードの耐久性とは?

 

 

製品にもよりますが、主に流通しているものは、アメリカ製と中国製があります。

芯線、素材で強度は異なります。

当店では、太さ約4mm、1本あたりの耐荷重は約250kg

アメリカ製550パラコードを使用しています。

(550は550ポンド-約250kg)

ナイロン素材なので、若干の伸縮性があります。

D8E9D08C-CBB6-4595-8038-505598CF1C4D.jpeg

 

 

 

カラーバリエーションは?

 

 

当店では23色(2018.6.20現在)

ビビッドなカラー、くすみカラー、黒などシックな色遣いなど

組み合わせによってカラーバリエーションが選べます。

好きな色、気分に合わせた色遣い、色違いでなどなど組み合わせも豊富です。

カラーバリエーションは随時追加していきます。

 

当店ではカスタムオーダーが出来ます。

 

 

オーダーの仕方

 

1 首周りの採寸(わんちゃん)

2 体高の計測(わんちゃん)

3 腕の長さ(飼い主さん)の計測

4 カラー・リードの長さの設定

 

愛犬のサイズにあわせたちょうどいいサイズのものをお作りします。

カラー(首輪) ¥2000~

2頭引きリード、ショルダーリードもオーダーメイドで承ります。

カフェリードも人気です。

 

 

※ハーネスについて

小型犬で引っ張り癖のないわんちゃんのみご対応いたします。

そもそもハーネスを使用することで、引っ張りグセはエスカレートします。

首に不快感を覚えることで、わんちゃんは「引っ張ることはいけないことだ」と覚えます。

 ハーネス+リード × カラー+リード 

の併用をおすすめします。

詳しくは店頭にてご相談くださいませ。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

 

03-5830-6236

営業時間10:30-18:00

木曜定休

 

明日はおやすみです。

地震のみならず、緊急時に避難しなければならない場合の備えは日頃からしていますか?

ペットの飼い主ならば誰もが知っておいてほしいことがあります。

 

「同行避難」

災害が発生したら、まずはご自身の安全を確保してください。

飼い主が無事でなければペットの安全を守ることはできません。

ペットに関する防災の基本は、飼い主が責任をもって対応することです。

避難が必要な場合は、原則としてペットを同行して避難することが重要です。

 

東京都福祉保健局リンク

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/bousai/index.html

 

そもそも「同行避難」とは?

同行避難とは、災害発生時に飼い主が飼育しているペットを同行し、避難所まで安全に避難することです。

避難所において人とペットが同一の空間で居住できることを意味するものではありません。

それぞれの避難所のルールに従ってください。


また、どのような状況下においても必ず同行して避難しなければいけないというものではありません。

自宅が安全であり、定期的にペットの世話をするために戻れる状況にあるのであれば、避難所に連れて行かないということも選択肢の一つです。

ただし、その場合も、毎日の食事と健康状態の確認が大切です。


犬、猫、小鳥、小型のげっ歯類等の一般的なペット以外の動物は、避難所での受入れが難しい場合もあります。

状況によっては、同行避難が難しい事態も考えられるので、万一のときの預かり先を確保しておくことも大切です。

 

 

 

【避難場所の確認】
 普段から家族で最寄りの避難場所や避難経路について確認しておきましょう。

【身元表示】
 突然の災害に驚いてペットが逃げ出してしまい、飼い主と離れ離れになってしまう可能性もあります。

 はぐれてしまったペットが飼い主の元に戻れるよう、身元表示をしましょう。

 ※犬は狂犬病予防法において鑑札及び注射済票の装着が義務付けられています。

【健康管理】
 同行避難した先では多くの動物が集まり、自分のペットが他の動物と一緒に過ごすことになるかもしれません。

 また、慣れない環境で過ごすストレスから体調を崩すこともあります。

 感染症の蔓延を防ぎ、ペットの健康を守るためにも日ごろからの健康管理が重要です。

 体を清潔に保ち、狂犬病予防注射(犬)や混合ワクチンのほか、ノミなどの外部寄生虫の駆除を行いましょう。

【しつけ】
 安全かつ速やかに避難できるように、また、避難所において周囲に迷惑をかけないように、

 普段からしつけを行い飼い主がきちんとコントロールできるようにしましょう。

 いざという時に動物のストレスを少なくすることにもつながります。

【防災用品の備蓄】
 ペットのための備えは飼い主の責任です。

 最低でも3日分、できれば5日分を目安にペットの防災用品を備蓄しておきましょう。

 ◆防災用品の例

 ・フード及び水
 ・動物の常備薬
 ・食器
 ・トイレ用品(ペットシーツ、猫砂など)
 ・首輪及びリード
 ・健康の記録(既往歴、ワクチン接種歴がわかるもの)
 ・写真(飼い主と一緒に写っているもの)
 ・ケージ、キャリーバッグ
 ・その他(ガムテープ、おもちゃなど) 東京都福祉保健局リンク引用

 

 

防災用品に「ペットの靴」

ペットに靴なんていらないんじゃないか?

そう考えている方もいるかもしれません。

しかし、震災のときには、ガレキによって怪我をしてしまう可能性があります。

災害で肉球を負傷してしまった場合、手当がままならない場合、感染症の恐れもあります。

ヒトと同じように、足を保護する意味合いでも、緊急時こそ靴を履かせてあげてください。

避難所でも靴は活躍します。緊急時、災害時であれば特に水は貴重です。

いつものようにサッと水で足を洗ってあげられる状況ではない可能性があります。

靴をはかせていれば、着脱だけで、足を清潔に保てます。

避難所ではたくさんの人たちと共同生活することになります。

中には、動物が苦手な人やアレルギーがある人もいるかもしれません。

被毛の飛散を少なくしたり、足元を清潔に保つなど、周囲への配慮も必要です。

日頃から衣類の着用に慣れさせておくこと、靴の着用に慣れさせておくことも必要ではないでしょうか。

 

脱げにくく、履かせやすい

IMG_7903[1].JPG

 

ロングラバーソックス

IMG_7904[1].JPG

 

長めの丈になっています。

靴下に滑り止めのゴムが付いています。

IMG_7909[1].JPG

裏返すとこんな感じです。

履き心地はごわつかなくで快適そうです。軍手のラバー加工みないな感じ。

IMG_7906[1].JPG

足先をしっかり保護してくれます。

IMG_7905[1].JPG

肉球全体も保護されます。

IMG_7907[1].JPG

マジックテープで脱げにくくサポートできます。

IMG_7908[1].JPG

足首をぐるりと一周できる長さのマジックテープです。

 

 

犬種によってサイズを選ぶのではなく、

足のサイズによって選ぶことが重要です。

 

採寸方法は

・足幅(横の広さ)

・地面に足をつけた時の足の高さ(かかとから上)

・脚の周り(靴下のはき口のサイズ)

・肉球サイズ(靴下の底)

以上を測る必要があります。

 

採寸だけではなく、実際に試着もしてから選ぶことをおすすめします。

店頭ではスタッフが採寸、試着のお手伝いをさせていただきます。

お気軽にご来店くださいませ。

 

 

写真の商品も店頭にお取り扱いしています。

LIFELIKE

トライバルロングラバーソックス

¥2400~

サイズ、在庫状況等お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

03-5830-6236

営業時間10:30-18:00

木曜定休

 

わんちゃん、ねこちゃんのキャリーバッグ。

なかなか見た目がおしゃれなものが見つからなかったり、

耐荷重が対応していなかったり、

好みの色がなかったりしませんか?

 

ネットでも店頭でも大人気の

MANDARINE BROTHERS キャリーバックパック

当店も入荷しています。

 

ポイント

おしゃれな外観

耐荷重は10kgまで対応

リュックは自立型で頑丈

上、両サイドから出入り可能

リュック上部は二重になっていて、一番上は防水加工、下はメッシュ

胸前にバックルで安定感アップ

 

バギー、スリングではなく、リュックをお探しの方におすすめです。

ぜひ店頭で使用感を試してからお求めくださいね。

 

先着で保冷剤カバープレゼントしています。

暑い日にバッグでお出かけのときに保冷剤はマストアイテム!

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

 

03-5830-6236

営業時間10:30-18:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る