BLOG

わんちゃんが使っているベッドやスリング、バッグの匂い気になりませんか?
ヒトは体温調節のために発汗しますが、わんちゃんの皮膚からはヒトの様な汗はほとんど出ません。
汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。
ヒトはエクリン腺から体温調節をする汗をかきます。
しかし、犬のエクリン腺は肉球や鼻先など少ししかありません。
体温調節のための汗腺が発達していない犬は口でハアハアとパンディングで熱を放出します。
もう一方のアポクリン腺が犬の全身にあり、主に皮脂の様な汗を分泌します。これが匂いを強く感じる原因のひとつです。
皮脂の汚れはそのままにしておくとホコリなどとくっついて更なる臭いの原因に。

お洗濯できる素材なら思いきってお家の洗濯機で洗ってしまいましょう!

 
ステップ1
 
洗濯機に入れる前に毛をしっかりとる
毛の抜けやすい犬種の場合は必ずお洗濯前にエチケットブラシ、粘着テープでしっかり毛をとりましょう。
お洗濯しながらホコリや毛を絡め取ってくれるグッズもおすすめです。
 
ステップ2
 
洗剤は粉末洗剤をチョイス+水温は40℃以上
液体洗剤やジェルタイプ洗剤が人気ですが、
洗浄成分の塊である粉末洗剤が皮脂、臭い対策には特に効果が期待できます。
洗浄成分である界面活性剤は40~50℃で働きがよく、溶け残りもなく洗い上げられます。
さらに汚れ・臭いが気になる場合は
「酵素系漂白剤+粉末洗剤+消臭ビーズ」の組み合わせで40℃以上の水温のお洗濯で完璧!

 
ステップ3
 
しっかりと乾かす
布が重なっているところや、綿が入っている場合、乾かしが不十分になりがちです。
水分が残っていると雑菌が繁殖して臭いの原因になります。
しっかり乾かしましょう。
 
わんちゃんにとっても清潔な環境が快適です。
こまめにお洗濯、シャンプーで臭いを防ぎましょうね。
トップへ戻る