BLOG

5月22日

今日は、ほじょ犬の日。

16年前に成立した身体障害者補助犬法に由来します。

 

2002年5月22日に議員立法によって身体障害者補助犬法が成立

2002年10月1日に施行されました。

補助犬とは、盲導犬、介助犬、聴導犬の総称です。

お店や病院など不特定多数の人が利用する施設で、

障がいのある人のパートナーである補助犬の同伴を受け入れることを義務付ける法律です。

この法律により、補助犬を同伴する人は、補助犬の行動管理、衛生管理を行うことと、

周囲に補助犬であることがわかる表示の掲示が義務づけられました。

また、施設側の受け入れ義務を設けるだけでなく、補助犬ユーザーと育成団体にも責任が求められています。

成立から16年経過した今日でもまだ認知されていないケースもあり、

お店などで補助犬が入店を断られてしまう場合もあります。

 

厚生労働省のサイトでより詳しく知ることができます。

リンクはこちら

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/hojoken/index.html

 

お仕事として盲導犬・介助犬・聴導犬という役割も果たす補助犬たち。

お仕事中のハーネスをつけた補助犬を街で見かけたら、そっと見守りましょう。

おやつを与えたり、触れたり、声をかけたりせず、見守りましょう。

もし困っている様子であったら、ユーザーさんに声をかけましょう。

 

 

 

 

トップへ戻る