BLOG

地震のみならず、緊急時に避難しなければならない場合の備えは日頃からしていますか?

ペットの飼い主ならば誰もが知っておいてほしいことがあります。

 

「同行避難」

災害が発生したら、まずはご自身の安全を確保してください。

飼い主が無事でなければペットの安全を守ることはできません。

ペットに関する防災の基本は、飼い主が責任をもって対応することです。

避難が必要な場合は、原則としてペットを同行して避難することが重要です。

 

東京都福祉保健局リンク

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/bousai/index.html

 

そもそも「同行避難」とは?

同行避難とは、災害発生時に飼い主が飼育しているペットを同行し、避難所まで安全に避難することです。

避難所において人とペットが同一の空間で居住できることを意味するものではありません。

それぞれの避難所のルールに従ってください。


また、どのような状況下においても必ず同行して避難しなければいけないというものではありません。

自宅が安全であり、定期的にペットの世話をするために戻れる状況にあるのであれば、避難所に連れて行かないということも選択肢の一つです。

ただし、その場合も、毎日の食事と健康状態の確認が大切です。


犬、猫、小鳥、小型のげっ歯類等の一般的なペット以外の動物は、避難所での受入れが難しい場合もあります。

状況によっては、同行避難が難しい事態も考えられるので、万一のときの預かり先を確保しておくことも大切です。

 

 

 

【避難場所の確認】
 普段から家族で最寄りの避難場所や避難経路について確認しておきましょう。

【身元表示】
 突然の災害に驚いてペットが逃げ出してしまい、飼い主と離れ離れになってしまう可能性もあります。

 はぐれてしまったペットが飼い主の元に戻れるよう、身元表示をしましょう。

 ※犬は狂犬病予防法において鑑札及び注射済票の装着が義務付けられています。

【健康管理】
 同行避難した先では多くの動物が集まり、自分のペットが他の動物と一緒に過ごすことになるかもしれません。

 また、慣れない環境で過ごすストレスから体調を崩すこともあります。

 感染症の蔓延を防ぎ、ペットの健康を守るためにも日ごろからの健康管理が重要です。

 体を清潔に保ち、狂犬病予防注射(犬)や混合ワクチンのほか、ノミなどの外部寄生虫の駆除を行いましょう。

【しつけ】
 安全かつ速やかに避難できるように、また、避難所において周囲に迷惑をかけないように、

 普段からしつけを行い飼い主がきちんとコントロールできるようにしましょう。

 いざという時に動物のストレスを少なくすることにもつながります。

【防災用品の備蓄】
 ペットのための備えは飼い主の責任です。

 最低でも3日分、できれば5日分を目安にペットの防災用品を備蓄しておきましょう。

 ◆防災用品の例

 ・フード及び水
 ・動物の常備薬
 ・食器
 ・トイレ用品(ペットシーツ、猫砂など)
 ・首輪及びリード
 ・健康の記録(既往歴、ワクチン接種歴がわかるもの)
 ・写真(飼い主と一緒に写っているもの)
 ・ケージ、キャリーバッグ
 ・その他(ガムテープ、おもちゃなど) 東京都福祉保健局リンク引用

 

 

防災用品に「ペットの靴」

ペットに靴なんていらないんじゃないか?

そう考えている方もいるかもしれません。

しかし、震災のときには、ガレキによって怪我をしてしまう可能性があります。

災害で肉球を負傷してしまった場合、手当がままならない場合、感染症の恐れもあります。

ヒトと同じように、足を保護する意味合いでも、緊急時こそ靴を履かせてあげてください。

避難所でも靴は活躍します。緊急時、災害時であれば特に水は貴重です。

いつものようにサッと水で足を洗ってあげられる状況ではない可能性があります。

靴をはかせていれば、着脱だけで、足を清潔に保てます。

避難所ではたくさんの人たちと共同生活することになります。

中には、動物が苦手な人やアレルギーがある人もいるかもしれません。

被毛の飛散を少なくしたり、足元を清潔に保つなど、周囲への配慮も必要です。

日頃から衣類の着用に慣れさせておくこと、靴の着用に慣れさせておくことも必要ではないでしょうか。

 

脱げにくく、履かせやすい

IMG_7903[1].JPG

 

ロングラバーソックス

IMG_7904[1].JPG

 

長めの丈になっています。

靴下に滑り止めのゴムが付いています。

IMG_7909[1].JPG

裏返すとこんな感じです。

履き心地はごわつかなくで快適そうです。軍手のラバー加工みないな感じ。

IMG_7906[1].JPG

足先をしっかり保護してくれます。

IMG_7905[1].JPG

肉球全体も保護されます。

IMG_7907[1].JPG

マジックテープで脱げにくくサポートできます。

IMG_7908[1].JPG

足首をぐるりと一周できる長さのマジックテープです。

 

 

犬種によってサイズを選ぶのではなく、

足のサイズによって選ぶことが重要です。

 

採寸方法は

・足幅(横の広さ)

・地面に足をつけた時の足の高さ(かかとから上)

・脚の周り(靴下のはき口のサイズ)

・肉球サイズ(靴下の底)

以上を測る必要があります。

 

採寸だけではなく、実際に試着もしてから選ぶことをおすすめします。

店頭ではスタッフが採寸、試着のお手伝いをさせていただきます。

お気軽にご来店くださいませ。

 

 

写真の商品も店頭にお取り扱いしています。

LIFELIKE

トライバルロングラバーソックス

¥2400~

サイズ、在庫状況等お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

03-5830-6236

営業時間10:30-18:00

木曜定休

 

トップへ戻る