BLOG

愛犬を迎えた飼い主さんの必須アイテムに

首輪やハーネス(胴輪)が挙げられます。

それぞれに利点と欠点があります。

 

 

首輪とハーネスのメリットとデメリットについて

 

<首輪のメリット>

 着用させやすい

  着脱がさせやすいものが多く、鑑札やチャームなどがつけられたり

  デザインもいろいろなものがあり、選ぶ楽しみも多くあります。

 しつけに役立つ

  リードを引くことで、首に不快感をもたせます。

  つまり、しつけの合図を伝えやすく、指示が伝わりやすいです。

 

 

<首輪のデメリット>

  首への負担がかかりやすい点が挙げられます。

  引っ張られると気管支に負担がかかるので老犬や疾患のある犬には注意が必要です。

  また、首の太さと頭の大きさが同じような犬種は引っ張られたり、踏んばったりされたときに

  すぽっと首輪が抜けてしまう場合があるので注意が必要です。

 

<ハーネスのメリット>

 首への負担が少ない

  構造上、首だけに力が加わらず、力が分散するので、

  首への負担が少なくなります。老犬、気管支の弱い犬には負担を軽減することができます。

 

 脱走防止

  首の太さと頭の大きさが同じくらいのわんちゃんの首輪抜け対策に向いています。

 

 

<ハーネスのデメリット>

 引っ張りの助長

  ハーネスは首輪に比べて引っ張られる力が分散され、

  首が苦しくないので、わんちゃんはどんどん引っ張るようになります。

  引っ張り行動はクセで済まさず、首輪でのしつけが必須です。

  「苦しそうだから・・・」ではなく、引っ張ることを直してあげないことの方が

  わんちゃんを苦しめることになるのではないでしょうか。

 

 脱げやすい

  犬種によっては脱げやすい場合があります。

   足の短いわんちゃんではハーネスは脱げやすいです。

   デザインによっては、後ずさりや引っ張りによって脱げてしまうこともあります。

 

 

<まとめ>

しつけを必要とする場合は首輪の方が適しています。

身体に負担をかけられない老犬や首の疾患がある場合、

首や気管支が弱い場合はハーネスが適しているといえます。

引っ張り行動をしつけで改善し、

側帯できていれば、首輪でもハーネスでもどちらも適しているといえます。

 

危機管理の観点からは、両方併用をおすすめします。

 

 

 

 

当店ではオーダーメイドで首輪・ハーネス・リードをお作りしています。

採寸をして、色を選んで、オリジナルの組み合わせにすることができます。

ハンズフリーリード、2頭引きリードなど

用途に合わせたオーダーもできます。

 

首輪、チョーク等はしつけ教育中には必須アイテムです。

ハーネスは老犬や気管支が弱く首に負担をかけられない状態のわんちゃんに。

ハーネスの首への負担軽減は、しつけができていて側帯できる状態でなければ意味がありません。

わんちゃんと飼い主さんの状況に合わせて検討することをおすすめします。

 

また、首輪・ハーネス・リードは消耗品です。

力が加わる、雨風や紫外線にさらされるなど、不意の破損も起こりえます。

購入して使い続けるだけでなく、日頃の点検、買い替えも必須です。

わからない点、ご質問はお気軽にどうぞ。

 

03-5830-6236

営業時間10:30-18:00

木曜定休

 

 

 

トップへ戻る