BLOG

暑い日が続きますね。

汗のにおいが気になる季節です。

ヒトは体温調整のために汗をかきます。

汗をかいたらすぐにお風呂やシャワーで清潔にできます。

わんちゃんはというと・・・

わんちゃんの皮膚からはヒトの様な汗はほとんど出ません。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります
ヒトはエクリン腺から体温調節をする汗をかきます。
しかし、犬のエクリン腺は肉球や鼻先など少ししかありません。
体温調節のための汗腺が発達していない犬は
口でハアハアとパンディングで熱を放出します。
もう一方のアポクリン腺は犬の全身にあり、
主に皮脂の様な汗を分泌します。
これが匂いを強く感じる原因のひとつです。
皮脂の汚れはそのままにしておくとホコリなどとくっついて更なる臭いの原因に。
においのもとの余分な皮脂や汚れを落としてあげるのに
こまめなシャンプーは欠かせません!
少し前までは「わんちゃんは月に1回程度のシャンプーでいい」
と言われていたりもしました。
室内飼いのわんちゃん、ねこちゃんが増え、
家族と暮らすなかで、同じ空間で暮らすとにおいが気になることもあるのではないでしょうか。
最近では、わんちゃんやねこちゃん専用のシャンプーの内容が
ヒューマングレードの化粧品成分で作られ、開発されています。
つまり、動物に合わせて高品質で刺激の少ないシャンプーが市販されるようになってきたのです。
表示内容も詳細なものが増えてきました。
アレルギーがあるわんちゃん、敏感肌のわんちゃんにも
使えるシャンプーを表示成分から選ぶことができるように変化してきています。
家族である愛犬。
やさしく洗って、清潔に、毎日でもつかえるシャンプー選びをしてあげたいですよね。
筆者は元化粧品処方開発技術者です。
開発者目線&愛犬(チワワ)家目線で
シャンプー選びに欠かせないポイントを短めに5点挙げたいと思います。
わんちゃんのシャンプー選びのポイント
①アレルギーの有無
パラベン、フェノキシエタノールなどで、少量でもアレルギーを起こす場合があります。
 
例えば、小麦アレルギーのある場合
「加水分解コムギタンパク」の表示のあるものは絶対に避けてください。
わんちゃんだけでなく、飼い主さんのアレルギーの有無も重要です。
洗う側の飼い主さんにとっても、洗われる側のわんちゃんにとってもアレルギーは重要視しなければなりません。
わんちゃんの体質、飼い主さんの体質も加味して商品を選ぶことは大切です。
 
②容量
シャンプーの容量はいろいろなものがあります。
パウチになっている15mlくらいのお試しサイズ、200mlくらいのスタンドボトルタイプ、
400mlくらいのポンプタイプ、業務用の4Lくらいのものもあります。
シャンプーには使用期限があります。
開封前は室温で3年、開封後は1年以内と決められています。
これは化粧品と同じ期間です。
しかし、シャンプーはお風呂場など高温多湿である場所に保管されることが多いと思います。
正直なところ、高温多湿の環境では、品質の劣化が早く進みます。
劣化の見分け方は変色、臭いの変化が挙げられます。
理想としては開封後1カ月で使い切りたいところです。
使うシャンプーの量は、商品によりますが、
ポンプ式であれば、1プッシュで約7~8ml程度。
一度に2プッシュ分くらい使うとして、約15ml。
毎日15ml使用するとしたら、1か月で約450ml消費します。
2日に1回シャンプーするとしたら、1カ月で約230ml消費します。
開封後1ヶ月以内に使い切る計算であれば、
200ml~400mlの容量を選ぶのが適切です。
③香り
わんちゃんの苦手とする香りはいろいろありますが、
わんちゃんは特に酸っぱい香りが苦手です。
柑橘類の精油や香料のものは避けてあげた方がよさそうです。(個体差があります)
④表示成分
全成分表示のあるものが一番好ましいです。
なぜなら、内容がわかればアレルギーに該当する成分を避けることができるからです。
洗浄成分も目的に応じて表示から選ぶことができます。
やさしく洗いたいなら、アミノ酸系洗浄料が主原料のもの。
リンスも使いたいなら、石鹸系洗浄料が主原料のもの。
「コカミドプロピルベタイン」や「ラウレス硫酸Na」など
洗浄成分は、カタカナでよくわからない表示が多いかもしれません。
そんな時こそ、スマートフォン検索してみるのも有効です。
全成分表示がないけれど、使ってみたい商品があるときは、
メーカーさんに問い合わせてみることをお勧めします。
⑤価格
わんちゃん用のシャンプーもヒト用のシャンプーも
価格に大きく差がある商品が多いと感じませんか?
一概に価格が高ければ品質がいいというわけではありません。
逆もあります。
共通して言えることは、
わんちゃんと飼い主さんにとって必要な情報がきちんと表示されていて
心地よく使える商品であることが大切ということです。
よくわからない内容成分を商品パッケージのイメージでなんとなく選ぶのではなく、
わんちゃんのためにしっかり選んであげてくださいね。
実際に、表示成分からシャンプーを選ぶことは重労働です。
ひとつひとつ成分を調べて、アレルギーチェックもして、香りもチェックして・・・
どれを選んだらいいかわからない方
専門家の目線で、商品選びのお手伝いをいたします。
お気軽にお問い合わせください。
03-5830-6236
営業時間10:30-18:00
木曜定休
トップへ戻る